ここから本文です

浅野くんも登場!でんぱ組.inc×NICO、大胆アレンジ「ユメ射す明日へ」コラボ

音楽ナタリー 8月25日(木)23時52分配信

でんぱ組.incの対バンツアー「はやぶさかがやきツアー2016」の埼玉公演が、昨日8月24日に大宮ソニックシティ 大ホールにて行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

7月上旬に開幕したツアーのセミファイナルとなった大宮公演には、ゲストとしてNICO Touches the Wallsが登場。ロックバンドとアイドルによる対バンが繰り広げられた。暗転すると、観客の拍手に迎えられNICOの面々がステージへ。光村龍哉(Vo, G)が「大宮、盛り上がる準備はいいですか?」と煽ると、古村大介(G)がシタールを思わせるギターを奏で「バイシクル」につなげた。序盤からエンジン全開のパフォーマンスをする4人に感化されるように、NICOのファンもでんぱ組.incのファンもハンドクラップをしたり、腕を高く挙げたりしながら大盛り上がり。キラーチューン「THE BUNGY」では自然とシンガロングが巻き起こり、早くも会場全体が一体感に包み込まれだ。

4人そろって「はやぶさかがやきツアー」のポーズを決めるパフォーマンスを挟み最初のMCへ。光村はバンド結成当時はアイドルとツーマンライブをする日がくるとは想像していなかったと語り、開演前は楽屋で子鹿のように震えていたと告白。しかし「めちゃくちゃいい感じで!」と予想に反した会場の温かい反応への感謝の思いを口にした。

ライブの定番曲やシングル曲を投下しつつ、4人はこの日が2回目の披露となる新曲「マシ・マシ」もプレイ。古村、坂倉心悟(B)は楽器を置き、対馬祥太郎(Dr)はドラムセットを離れ、ギターを抱えた光村を中心に円陣を組む。そして力強くストンプを始め、観客にクラップを求めながら小気味のいい新曲をパフォーマンスした。「ニワカ雨ニモ負ケズ」の間奏では、光村のソウルフルなスキャットと古村の豪快なギターが炸裂し、白熱したセッションに「ウオー!」と野太い歓声があがる。興奮する観客を前に光村は「音楽は違うかもしれませんが、今後もしのぎを削って、もっともっといい音楽を作れたらと思います。今日だけと言わず、またどこかで会いましょう」と再会を約束。その言葉に続いて4人は「手をたたけ」を奏でた。

ホスト役のでんぱ組.incは、でんでんバンドの演奏をバックにダッシュしながら登場。「破!to the Future」を皮切りに、ステージを縦横無尽に駆け回りながらハイテンションなナンバーを畳み掛け会場の熱狂を煽っていく。最初のMCでは、6人がオーディエンスと共にポーズを決めながらタイトルコール。続けてメンバーは口々に「カッコよかったねえ」「負けてらんないですからね。ビシッとやっていかなきゃいけないんですよ!」とNICOの熱演を絶賛しつつもライバル心を燃やし、最上もがの「夏も終わっちゃうんですけど、夏を盛り上げていきます!」という宣言から今回のツアーではおなじみの“夏メドレー”に突入した。6人はタオルを振り回したり、観客とのコール&レスポンスを楽しんだりしながらホールに熱い空気を送り込んだ。

藤咲彩音が埼玉出身であることをアピールしたり、夢眠ねむが「(ツアー終盤戦だけど)鉄道会社からのオファーがこなかったねえ……」と残念そうに口にしたり、さまざまな話題が飛び出したMCを経てライブは後半に。6人はそれぞれ伸びやかな歌声を披露する「キボウノウタ」で会場を少しクールダウンさせたあと、「Future Diver」「ちゅるりちゅるりら」「でんでんぱっしょん」とアッパーチューン3曲を間髪入れずに投下する。その後、ライブはクライマックスへと思いきや、古川未鈴が「これだけでは終わりません!」と高らかに叫ぶ。観客が「おおっ?」と声を上げる中でメンバーは一旦退場し転換が始まった。

準備が整ったところでまずは、でんぱ組.incのメンバーが再登場。続けて「はやぶさかがやきツアー」のツアーTシャツに着替えたNICOのメンバーが姿を見せる。光村が開口一番に「むちゃくちゃ楽しかった!」とうれしそうに口にすれば、相沢梨紗が「勉強させてもらいました!」と返すなど2組はわきあいあいとしたトークを展開。さらに共通のプロデューサーである浅野尚志の話で盛り上がったところで、浅野本人を呼び込み「はやぶさかがやきツアー」恒例のコラボコーナーが始まった。でんぱ組.incのメンバーが「めっちゃ緊張してきた」「今日しかないかもしれない」と口にする中、NICOと浅野はそれぞれの楽器の前にスタンバイ。この日のためにアレンジしたジャジーかつアダルトな雰囲気の「ユメ射す明日へ」を演奏し始めた。オーディエンスはでんぱ組.incのメンバーそれぞれの歌声が光るアレンジや、光村のソウルフルな歌声に聴き入る。最後に2組は浅野を巻き込んで「はやぶさかがやきツアー」のポーズを決め、楽しげな空気を残してこの日のライブに幕を下ろした。

でんぱ組.inc「はやぶさかがやきツアー2016」番外編
2016年9月8日(木)東京都 TSUTAYA O-EAST<出演者>でんぱ組.inc / Wienners

最終更新:8月25日(木)23時52分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。