ここから本文です

ムーディー・ブルース、アラン・パーソンズら、クルーズ・フェスティバル開催

BARKS 8月29日(月)12時28分配信

ムーディー・ブルースが2018年、アメリカでクルーズ上のフェスティバル<The Moody Blues Cruise>を開催する。

船は2018年1月2日にマイアミを出港。その前に同地での年越しコンサート/パーティーも予定している。もちろん、グランドキャニオンやコスメルを訪れる船の中でもパフォーマンスが繰り広げられ、ファンとのミート&グリート・イベントもあるそうだ。ムーディー・ブルースのほか、アラン・パーソンズ、ジェファーソン・スターシップ、リッチー・フューレイ、デイヴ・メイスンらも参加するという。

ムーディー・ブルースのフロントマン、ジャスティン・ヘイワードはこう話している。「ファンを1つにする素晴らしい機会だ。このクルーズは多分、ムーディーの音楽を愛する人達が集まるっていうのが最大の目的だね。僕らはそれに便乗するようなものだ。楽しみにしているんだ。楽しいよ。ほかのアーティストと一緒だっていうのもいい。ほかのミュージシャンに会う機会ってあまりないからね。クルーズだったらそれができる」

クルーズは5泊6日の日程で価格は4人部屋700ドル(約7万円)からペントハウス6,499ドル(約65万円)まで。チケットの残りわずかとなっている。

Ako Suzuki

最終更新:8月29日(月)12時28分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。