ここから本文です

プリンスのペイズリーパーク、一般公開

BARKS 8月29日(月)12時30分配信

プリンスの自宅を兼ねたスタジオ・コンプレックス、ペイズリーパークがこの秋より一般公開される。

◆プリンス画像

プリンスの妹Tyka Nelsonは「ペイズリーパークの公開は、プリンスがずっとやりたかったことで、積極的に取り組んでいました。彼が生きている間は、ほんの数百人しかその貴重な機会を得ることができませんでした。これからは、世界中のファンがプリンスの世界を体験できるのです」とコメントしている。

10月6日から毎日、見学ツアーが行なわれ、ビジターはレコーディング・ミキシング・スタジオ、リハーサル・ルーム、プリンスがプライベート・ギグを開いていたコンサート・ホール、映像の編集室などを見て回ることができるという。また、コスチュームや楽器、アートワーク、アワーズ、バイクなどの展示もあるそうだ。

見学ツアーのチケットは、オフィシャル・サイト(Officialpaisleypark.com)で8月26日から発売されるが、それ以上の詳細はまだ明かされていない。

また、プリンスの妹弟は、10月13日ミネアポリスにあるU.S. Bankスタジアムで公式な追悼公演を開く。

Ako Suzuki

最終更新:8月29日(月)12時30分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。