ここから本文です

TRUSTRICK、ニューアルバムは『TRICK』。3部作が完結

BARKS 8月25日(木)12時12分配信

TRUSTRICKが、10月26日にニューアルバムをリリースすることがオフィシャルサイトにて発表された。

◆TRUSTRICK 画像

前作『TRUST』(2015年1月リリース)から1年9ヶ月ぶり、待望の3rd Albumとなる本作のタイトルは『TRICK』。前作に続き自身のユニット名からの引用であり、1st Album『Eternity』、2nd Album『TRUST』から連なる3部作の完結編と位置づけられる作品であるという。

収録内容に関しては、『TRUST』以降にリリースされた4枚のE.P.表題曲(「未来形Answer」「beloved」「innocent promise」「Recall THE END」)が全て収録されるほか、2015年10月にリリースされたライヴ・ドキュメントDVD『TRUSTRICK First Film“Iolite”』内に収録され、ファンの間でも名曲の呼び声が高い人気バラード曲「Proud」が遂に初CD化されることが現時点で明らかになっている。

現在レコーディング中という新曲も加え、まさに“BEST OF TRUSTRICK 2015-2016”といった聴き応えのあるアルバムとなりそうだ。オフィシャルサイトではメンバーによる予告コメントがアップされているので、こちらもファンはチェックを。

またニューアルバムの情報解禁に伴い、11月26日(土)仙台darwinを皮切りに12月17日(土)東京・中野サンプラザホールまで、全国5大都市で行われるツアーのタイトルが<TRUSTRICK TRICK TOUR 2016>となることも併せて発表されている。

3rd Album『TRICK』
2016年10月26日発売予定
■Type-A(CD+DVD)
COZP-1258~9/¥3,333+税
■Type-B(CD)
COCP-39753/ ¥2,778+税

[収録予定曲]
【CD】
「Recall THE END」※TVアニメ「ダンガンロンパ3-The End of希望ヶ峰学園-未来編」EDテーマ
「innocent promise」※TVアニメ「少年メイド」OPテーマ
「beloved」
「未来形Answer」※TVアニメ「俺物語!!」OPテーマ
「Proud」
ほか

【DVD】(Type-A)
収録内容未定

<TRUSTRICK TRICK TOUR 2016>
2016年11月26日(土) 宮城・仙台darwin
OPEN/START 17:00/17:30
席種:スタンディング
問い合わせ:キョードー東北 022-217-7788

2016年12月03日(土) 愛知・ボトムライン
OPEN/START 17:00/18:00
席種:スタンディング
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

2016年12月04日(日) 福岡・BEAT STATION
OPEN/START 17:00/17:30
席種:スタンディング 問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159

2016年12月10日(土) 大阪・なんばHatch
OPEN/START 17:00/18:00
席種:全席指定 問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400

2016年12月17日(土) 東京・中野サンプラザホール
OPEN/START 17:15/18:00
席種:全席指定 問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999

[チケット料金]
仙台、名古屋、福岡:スタンディング¥5,000(税込・ドリンク代別途)?
大阪、東京:全席指定¥5,800(?税込)? ※大阪のみドリンク代別途
※未就学児童入場不可

【オフィシャルサイト先行2次(抽選)】?
受付URL:http://trustrick.jp/live.html
受付期間:8月22日(月)10:00~8月29日(月)23:59?
枚数制限:1人様4枚まで
当落発表日:8/31(水)18:00~ 当落結果告知メールおよび当落結果確認サイトにて発表?
セブン-イレブン支払期限:8/31(水)当落確認後~9/6(火)23:59?
?イーコンテクスト支払期限:8/31(水)当落確認後~9/6(火)23:59?
発券開始日:11/5(土)10:00~?

最終更新:8月25日(木)12時12分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。