ここから本文です

エンパイア・オブ・ザ・サン、新作にリンジー・バッキンガムが参加

BARKS 8月29日(月)12時33分配信

オーストラリアのエレクトロ・ポップ・デュオ、エンパイア・オブ・ザ・サンが、10月に3年ぶりとなる新作にしてサード・アルバム『Two Vines』をリリースする。

◆『Two Vines』画像

新作には、彼らに多大な影響を与えたというフリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムに、プリンス&ザ・レヴォリューションのウェンディ・メルヴォワン(G)、デヴィッド・ボウイのコラボレーター、ピアニストのヘンリー・ヘイ、同じくボウイの遺作『★ (Blackstar)』でプレイしたベーシストのティム・ルフェーヴルらが参加している。

レコーディングの一部はハワイという、これまでとは違う環境で行なわれたそうだ。さらに、メンバーは以前、新作は70年代のサウンド、10ccやELOの影響を受けていると話していた。

『Two Vines』には、「Before」「High and Low」「Two Vines」「Friends」「There's No Need」「Way to Go」「Ride」「Digital Life」「First Crush」「ZZZ」「To Her Door」「Keystone」「Lend Me Some Light」「Welcome to My Life」の14曲を収録し、10月28日にリリースされる。

2人のメンバー、ルーク・スティールとニック・リトルモアは週末、アルバムに先駆け、新曲「High And Low」のオーディオ・ビデオを公開した。

Ako Suzuki

最終更新:8月29日(月)12時33分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。