ここから本文です

Berryz工房・夏焼雅率いる新ユニット名発表『PINK CRES.』

オリコン 8月25日(木)21時9分配信

 昨年活動休止したアイドルグループ・Berryz工房の夏焼雅(24)が25日、東京・日本武道館にて開催された所属ユニット『Buono!』の単独ライブ『Buono! Festa 2016』に出演。4月に結成された自身が率いる新ボーカルグループ名を『PINK CRES.』(ピンククレス)と発表した。

【ライブの様子】ももち、鈴木愛理とBuono!4年ぶり単独ライブ

 夏焼を中心にオーディションで選出された小林ひかる、二瓶有加で構成された同グループ。自己紹介した夏焼は「まだ言い慣れてません!」と照れ笑いしつつ「やっとみなさんにご報告できてめちゃめちゃホッとしています」と胸をなでおろした。

 グループ名は“カワイイ”の象徴である「PINK」と、「CRESCEND(クレッシェンド)=だんだん大きく、強く」という音楽用語の造語で、“カワイイ”を音楽やファッションを通して世の中に伝えていくグループを目指す。夏焼は「私たちも少しずつ成長していけたらいいなという意味を込めて、付けさせてもらいました」と元気よく目標を掲げ、オリジナル曲「Summer Wonderland」などメドレー含め4曲を披露して盛り上げた。

 この日ライブを行ったBuono!は、2007年に夏焼、嗣永桃子(24)、℃-uteの鈴木愛理(22)の3人で結成されたアイドルユニット。今回、9月21日には4年ぶりの新曲となるDVDシングル『ソラシド~ねえねえ~』を引っさげ、4年ぶりとなる単独ライブを開催。℃-uteや嗣永が現在所属するカントリー・ガールズなども駆けつけ約1万人を魅了した。
 

最終更新:8月26日(金)19時55分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。