ここから本文です

V6起用の人気ゲーム『ラブセン』“終了宣言”から1カ月、悲しみの声衰えず

オリコン 8月26日(金)8時40分配信

 人気グループ・V6の撮り下ろし写真を使った恋愛ソーシャルゲーム『ラブセン~V6とヒミツの恋~』が、今年10月21日をもってサービス終了することが7月末に発表された。ジャニーズ所属の超人気アイドルを起用した初のソシャゲということで、多くのファンに愛されてきた同ゲーム。突然の終了の報から1カ月、ファンからは悲鳴にも似た悲しみの声が多く届いている。

【特集】プロデューサは明かす『ラブセン』制作秘話

■人気ゲーム突然の終了にファンは青天の霹靂

 『ラブセン~V6とヒミツの恋~』は、V6の撮り下ろし写真を使った国内アーティスト初の恋愛ゲームで、ユーザーは広告代理店で働くOLとして、偶然にV6のメンバーと出会い、“秘密の恋”を育んでいくというもの。メンバーそれぞれの個性に応じた甘い会話を楽しめ、ファンはもちろん、誰もが憧れるデートや出来事などが織り込まれており、理想の恋愛体験ができるとして高い評価を得ていた。 

 2013年秋にリリースされるや、V6ファンはもちろん、多くのソシャゲユーザーからも注目は集まり、2013年度、2014年度の2年連続で『GREE Platform award』恋愛シミュレーション部門の最優秀賞を受賞。さらに昨年の「GREE Platform Award 2015」では、総合大賞を受賞。恋愛ゲームにおける同賞の受賞は史上初となる快挙で、モンスター級のメガヒットと言っても過言ではないだろう。リリースから3年が経過した今も飽きのこないイベントを定期的に開催し、多くのユーザーを魅了していただけに突然の終了の報は、ファンにとってはまさに青天の霹靂。

 7月下旬に公式サイト上にてサービス終了が記載されるや、「ラブセン無くなったら私からはもう恋愛という存在が完全に消える。異世界のものになるだろう。ラブセンだけが私の恋愛すべてだったのに」、「ラブセン消えないでほしい。癒しと当たり前がなくなるのが辛いし怖い」、「ラブセン終了のお知らせがあって落ち込んだわよ真剣に。まだ新本編やっとらんのにぃ…でも、3年もやってくれたのね(泣)。ありがとう」など、多数の声が公式ツイッターに寄せられた。更にはツイッター上に、「ラブセン終了とか生きていけねぇ」というハッシュタグまで生まれており、“ラブセン”ロスに陥りそうなファン同士が互いを支え合っている状況だ。

■『ラブセン』終了の報は株価にも影響!?

 昨年行われたV6の20周年記念ツアーのタイトルは、『ラブセン presents V6 LIVE TOUR 2015 ‐SINCE1995~FOREVER‐』。今年6月に発売されたシングル「Beautiful World」には『ラブセン』のCMソング「by your side」が収録。また、ラジオ番組『三宅健のラヂオ』で、三宅も実際に『ラブセン』ユーザーであることを公言(しかも“恋のお相手”には森田剛をチョイス)するなど、ただのゲームを超えてグループとファンの関係を結んできた。

 株価に影響を与えたかどうかは不明だが、サービス終了が発表された後、プラットフォームであるGREEの株価が下落しているとファンの間で話題になったほどの人気ゲームだけに、なぜ突然の終了に至ったのだろうか? 運営元は公式サイト上にて「本来はリリースから1年をもって終了を予定しておりましたが、お客様からご好評を頂いたことで、3年という長期間にわたって運営を継続することができました」と説明し、感謝のメッセージを送っている。

最終更新:8月26日(金)9時44分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。