ここから本文です

NEWS小山慶一郎、高畑容疑者の代役に重圧も「精一杯頑張ります」 手越祐也もエール

オリコン 8月25日(木)16時25分配信

 NEWSの小山慶一郎が25日、日本テレビ系『news every.』に出演し、『24時間テレビ39』(27日、28日放送)内で放送されるドラマで降板した高畑裕太容疑者の代役を務めることについて、「短い時間の中で私自身プレッシャーを感じていますが、精一杯頑張ります」と意気込みを語った。

【写真】『24時間テレビ』の会見に出席していた高畑裕太容疑者

 同ドラマはNEWSの加藤シゲアキ主演で、全盲となりながらも中学校で教鞭をとり続ける実在の教師・新井淑則(あらい・よしのり)先生の実話を描く物語。高畑容疑者は新井を指導するリハビリテーションの支援員・榊京太を演じることになっていたが、女性への強姦(ごうかん)致傷容疑で23日に逮捕されたことを受け、日本テレビは高畑容疑者の降板と、小山に代役をたて撮り直すと発表していた。

 この日の朝から撮影をしてきたという小山は「ドラマチームのみなさんの結束力に助けていただきながら、撮影を進めているところです」と番組で生報告。放送まであと2日という状況に重圧も感じているようだが、「精一杯頑張ります」と前向きに語った。

 主演の加藤も24日の同局『PON!』で追加撮影について「放送まで時間がないのですが、ドラマチーム一丸となっていい作品を届けたいなと頑張りたいと思ってて、集中しているところです」と神妙にコメントしていた。

 同じくメンバーの手越祐也も25日、読売テレビ『情報ライブミヤネ屋』に中継で出演し、「彼は柔軟で器用ですから。あと、加藤と小山は愛してる我がメンバーですから、大丈夫です」と信頼を寄せた。

最終更新:8月25日(木)16時41分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。