ここから本文です

徳永英明、急性咽頭喉頭炎で再び全国ツアーを一部延期

オリコン 8月25日(木)16時42分配信

 シンガー・ソングライターの徳永英明が、急性咽頭喉頭炎のため、27日、28日の公演を延期すると25日に公式サイトで発表した。

デビュー30周年を迎えた「徳永英明」の主な作品

 延期されるのは27日の三重県文化会館と28日の滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホールで、サイトでは「楽しみにお待ちいただいていた皆様また急な発表になってしまったことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

 理由については「先日(20日)の大阪公演1日目終了後、喉の不調を訴え2日目の大阪公演は延期とさせていただきました」とし「翌日改めての診察の結果、急性咽頭喉頭炎との診断を受けたため大事を取り、やむなくこのような結論に至りました」と説明している。

 徳永は6月11日から全国ツアー「30th ANNIVERSARY CONCERT TOUR 2016」をスタート。今年7月には、急性咽頭喉頭炎のため16~17日の福岡サンパレス公演と、23~24日の名古屋センチュリーホール公演を延期している。

 なお、27日と28日公演の延期スケジュールやチケットの払い戻し日程、期間に関しては現在調整中で、決定次第、公式サイトほか、サンデーフォークプロモーションホームページ、三重県文化会館ホームページ、キョードー大阪ホームページ、滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホールホームページ、チケットぴあ、ローソンチケットなどで発表する。

最終更新:8月25日(木)18時3分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。