ここから本文です

稲垣吾郎、ラジオで草なぎ剛の魅力を力説

オリコン 8月25日(木)21時57分配信

 年内での解散を発表したSMAPの稲垣吾郎が25日、パーソナリティーを務める文化放送『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(毎週木曜 後9:30)に出演。先週のこの番組の冒頭で解散について謝罪したが、この日の放送では解散には触れず、通常通りに進行した。

 番組中では、ほかのメンバーについても話題も。草なぎ剛と香取慎吾がパーソナリティーを務めるbayfm『SMAP POWER SPLASH』(毎週日曜 後7:00)で、香取が休み草なぎ一人で担当した回が「言い間違いを連発し、ギターをポロンポロン弾きながら適当に話しただけで、ユルユルの放送だった」というリスナーからの投稿に、「スゴいね。神の領域だね」と驚き。

 続けて、「何をしても許されるけど、それが草なぎ君の魅力。ファンも大爆笑だったんでしょ?」と、草なぎの魅力を紹介。そして、「こうやって理屈っぽく草なぎくんを分析してるのが、面白いでしょ」と自身の魅力も自己分析してみせた。

 この日の1曲目は、TBSの2012年ロンドン五輪テーマソングの「Moment」、2曲目は16枚目のアルバム『SAMPLE BANG!』収録の「Sweet Summer Surfing Season」、3曲目は9枚目のアルバム『SMAP 009』収録の自身のソロ曲「あの夏の日」と、すべてSMAPの楽曲をオンエアした。

 先週18日の放送では、冒頭に「すでに報道で皆さんご存知だと思いますが、SMAPは解散という形を取らせていただくことになりました。ファンの皆様には突然の報告で驚かせてしまって、本当に申し訳ございません」と謝罪した。

最終更新:8月29日(月)10時57分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。