ここから本文です

NMB48、『リクアワ2016』空席に苦戦も31曲熱唱 総合MC・須藤凜々花が盛り上げる

オリコン 8月25日(木)22時37分配信

 アイドルグループ・NMB48が25日、神戸ワールド記念ホールで楽曲版総選挙イベント『NMB48 リクエストアワー セットリスト ベスト235 2016』を行い、235位から61位までを発表した。平日開催ということで、来乗客数は2500人にとどまり、アリーナ以外の席が黒幕で覆われた中でのコンサートとなったが、メンバーは全力で全31曲を熱唱した。

【ライブ写真】正規メンバー昇格に感涙する堀詩音

 開演に先立ち、金子支配人が登場し、観客数を受けて「改めて、NMB48として真摯に受け止めて、前を向いて進んでいく」と決意を表明。総合MCを務めた須藤凜々花は、空席を嘆くのではなく、足を運んだファンをいかに満足させるかを追求して、神コンサートにすることを約束し、本番がスタート。オープニングナンバーは、今回の対象外楽曲だった須藤のソロ曲「ショートカットの夏」で、バックダンサーに5期生を迎えて披露した。

 63位の「ハートの独占権」では、山本彩と山本彩加、植村梓(ポスト山田菜々)と山田寿々(山田菜々の妹)、上西恵と上西怜(姉妹)で、披露するなど、空席を感じさせない熱いステージを展開。MCコーナーでも須藤がメンバーの個性をうまく引き出し、大いに盛り上げた。

 アンコールでは、ドラフト2期生でチームMに研究生として加入していた北海道出身の堀詩音が、チームM正規メンバーへの昇格したことを発表。堀は昇格に感謝し、「堀なんかがと思われるかもしれませんが、ずうずうしいぐらい上を目指して頑張っていきたいと思います」と意気込みを述べた。

 あす26日も同所で山本が参加しないコンサート『いつまで山本彩に頼るのか?』を開催する。チケットが完売すれば、NMBの次のシングルのセンターは山本以外から選ばれ、完売しなければ山本がセンターとなる。前日までの券売状況で残りは365枚となっており、当日券で完売するか、注目が集まる。

最終更新:8月29日(月)18時15分

オリコン