ここから本文です

【GOLF】石川遼がトップタイ好発進! 小田龍、宋永漢ら8人で首位分け合う

ISM 8月25日(木)18時18分配信

 国内男子ツアーのRIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメントが25日、福岡県の芥屋ゴルフ倶楽部を舞台に開幕し、第1ラウンドの競技を終了。6アンダー66で回った石川遼が、小田龍一、宋永漢(韓)らと並ぶ首位タイにつけた。

 怪我からの復帰2戦目となった石川が絶好のスタートを切った。午前の早い時間帯に10番から出た石川は、前半18番パー5でイーグルを奪うなど、1アンダーで迎えた17番からバーディ、イーグル、バーディの猛チャージ。その後もさらに1つスコアを伸ばし、腰椎椎間板症からの回復具合が注目される中、1イーグル、5バーディ、1ボギーの内容でリーダーボード最上段を射止めている。

 第1ラウンドを終えて首位に並んだのは石川含め8人。ともにツアー2勝の小田、ブラッド・ケネディ(豪)に今季開幕戦を制した宋、いずれもツアー未勝利の平本穏、太田直己、福永安伸、任成宰(韓)の7人が石川とともに首位を分け合った。以下、5アンダー67の9位タイに藤本佳則、永野竜太郎、手嶋多一ら8人が続いている。

 谷原秀人、宮里優作らは4アンダー68の17位タイ。米ツアーから帰国参戦の岩田寛や昨季覇者・池田勇太らは3アンダー69の29位タイとなった。そのほか、前戦のダンロップ・スリクソン福島オープンで初優勝を遂げた時松隆光は1アンダー71の61位タイ。遼の弟でツアー初出場の石川航(県立浦和高2年)は、10オーバー82で最下位発進と苦戦を強いられている。

最終更新:8月25日(木)18時57分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]