ここから本文です

PCデポ、プレミアム会員40万人の利用実態把握へ…300人体制で対応

弁護士ドットコム 8/25(木) 19:33配信

パソコンのサポート解約料をめぐり、「PC DEPOT」(PCデポ)に批判が集まっている問題で、運営会社のピーシーデポコーポレーションは8月25日、プレミアムサービス会員のニーズにあったサービスを利用できるよう、利用状況の実態把握を進める取り組みを始めることを発表した。

既存の会員(40万人)については、ダイレクトメールや電話でサービスの利用状況や実態把握の協力を求める。詳しい説明や店頭での案内を希望する会員には、店舗に設置する専用カウンターで対面で確認する。

新規申し込み客については、契約締結に対応した店舗スタッフとは異なる「品質管理スタッフ」と呼ばれる別の担当者が、利用コース、契約内容、解除料などの契約事項について、理解されているかどうか確認する。「品質管理スタッフ」が常駐していない店舗では、本社のスタッフがテレビ電話で同様の対応をとる。既存会員が契約内容を変更する際も、同様の対応をとる。

このほか、スタッフの教育、研修の徹底するなど、従業員の教育、運用、管理監督の強化する方針を打ち出している。これらの運用については、9月上旬から300人以上のスタッフで対応にあたる。同社は「全従業員一丸となって適切なサービスの提供に邁進して参る所存です」としている。

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:8/25(木) 19:33

弁護士ドットコム

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。