ここから本文です

サモア人がポリネシア諸島に定住できたのは「肥満遺伝子」のおかげ

ギズモード・ジャパン 8月25日(木)12時10分配信

肥満は正義、3,000年前のサモアならね。

Nature Geneticsに発表された研究論文で、5,000人以上のサモア人のゲノム解析からとある遺伝子が肥満リスクを高めることが判明。しかもこの遺伝子は4分の1のサモア人に含まれていることが明らかになりました。

CREBRF遺伝子という「倹約遺伝子」の変異は、ボディマス指数(BMI)を1.5上昇させます。つまり、平均身長で180ポンド(約81kg)の体重だとしたら、この遺伝子のせいでさらに10ポンド(約4.5kg)太ってしまうのです。またこの遺伝子変異の「効果」は、BMIに影響するとわかっている変異に比べても、はるかに大きかったとのこと。

Stephen McGarveyさんら複数の大学が協力した研究チームは、数千人のサモア人を対象とした全ゲノム関連解析を行ないました(ちなみに、サモア人の肥満率は世界の中でも最も高いんです)。この調査に関わったサモア人の4分の1がこの遺伝子変異を持ち、この遺伝子を持たない人と比較して30~40%も肥満リスクが高くなります。ちなみに、この遺伝子はヨーロッパ人やアフリカ人には存在せず、東アジア人には非常に少数ながら存在しています。

ただ、McGarveyさんは「生物学的なメカニズムを伴う遺伝子変異を発見したが、これはサモア人の高いBMI値と肥満率の理由のごく一部である」と言っています。2010年にはサモア人男性の80%とサモア人女性の91%が肥満でしたが、この遺伝子以外の原因としては、現代の食生活の変化と運動不足減少である可能性が高いとされています。

しかしながら、エネルギー消費を減らして、細胞に脂肪を貯蔵するこの肥満遺伝子は、過去にサモア人が南太平洋諸島を征服したという歴史にも大きく寄与したと考えられます。約3,500年前、サモア人の祖先はポリネシア諸島の24つの主要な島を制服する過程の中で、島から島への厳しい航海、食糧不足で過酷な日々を効率よくエネルギーを貯蔵することによって生き抜いてきた可能性がありますよね。

問題は、サモア人にとってこの遺伝子はもう不要のものであるということです。McGarveyさんによれば、200年前のサモア人は肥満ではなかったそうです。サモア人の肥満率の高さは、遺伝子のせいもありますが、環境や食生活、ライフスタイルの変化が大きいとしています。

image by TransPacificProject
source:Nature Genetics via New Scientist
George Dvorsky - Gizmodo US

最終更新:8月25日(木)12時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]