ここから本文です

マツダが「ロードスター」のレストア事業開始へ オリジナル部品で新車同様に

乗りものニュース 8月25日(木)6時0分配信

約43万台が生産された初代「ロードスター」

 マツダが、過去に販売したスポーツカー「ロードスター」を新車同様に復元する「レストア事業」を始めることがわかりました。

【写真】初代ロードスターのインテリア

 開始のめどは2017年後半。まずは1989(平成元)年に発売した初代「ロードスター」を対象に、オリジナルの部品を製造、供給する体制を作り、国内でサービスを始めます。

 初代は総生産台数がおよそ43万台にも及ぶヒットとなり、その人気はメルセデス・ベンツ「SLK」やBMW「Z3」、フィアット「バルケッタ」など、世界中の自動車メーカーが中小型のオープンカーを発売するきっかけにもなりました。

 そんな初代「ロードスター」ですが、発売から27年がたっており、交換部品の製造、供給はすでに終了。マツダの広報担当者によると、アルミホイールやサンバイザー、リアダンパーなどについては「代替品でご対応いただいているお客様がいらっしゃったようです」といいます。

「古いマツダ車にお乗りのお客様につきましては、大切に乗っていただいていることに感謝申し上げます」とし、今回のレストア事業についても「お客様のニーズや声に真摯に応えることで、初代ロードスターを乗り続けていただいているお客様と強い絆が構築できる」と考えているそうです。

乗りものニュース編集部

最終更新:8月25日(木)9時44分

乗りものニュース