ここから本文です

高炉大手、鉄鉱石価格2%下げへ 10―12月 原料炭は上げ確実

日刊産業新聞 8/25(木) 12:13配信

 高炉大手の10―12月の鉄鉱石調達価格は7―9月比2%程度下がりそうだ。一時落ち込んでいたスポット価格も持ち直しており、安定しているという。大手山元の増産で需給だけ見ると供給過多だが、比較的堅調な鋼材価格に鉄鉱石が支えられている面がある。ただ、原料炭はスポット市況の上昇から見て、四半期価格は上げが確実な情勢。今後の交渉次第だが、昨年4―6月以来のトン100ドル(1万円)台乗せも視野に入る。

最終更新:8/25(木) 12:13

日刊産業新聞