ここから本文です

「僕らが渋谷を愛する理由」長谷部渋谷区長×ロフトワーク×3Minute×STYLER対談

SENSORS 8/25(木) 12:00配信

8月15日、渋谷のFabCafe Tokyoで行われた「SENSORS SHIBUYA FASHIONCODE WEEK」。オープニングトーク 『ファッション×IT 渋谷から世界へ』に渋谷区長 長谷部健氏、STYLER小関翼氏、3Minute宮地洋州氏、ロフトワーク林千晶氏ら渋谷にゆかりのある方々が登壇。SENSORS.jp編集長 西村真里子がモデレーターを務め、彼らを魅了し続ける街“渋谷“、そしてファッション、カルチャーについてセッション内で語られた様子をお届けする。

【画像7枚】SENSORS:「「僕らが渋谷を愛する理由」長谷部渋谷区長×ロフトワーク×3Minute×STYLER対談」記事画像一覧

■“渋谷“にゆかりのある4名の経歴

西村:まず、自己紹介をお願いします。

長谷部:渋谷区で生まれて育ち、渋谷区長をしております長谷部健です。子供の時は全然気づかなかったのですが、渋谷区、特に神宮前や原宿で生まれ育って得したことが多いなと感じています。原宿で生まれ育って何が良かったかというと、「原宿」というだけで、羨ましがられることが多く、他人からそう言われるごとに自分自身もその街が好きになっていって、City Prideみたいなものが醸成されてきたんだと思います。流行や情報の発信地である原宿に魅了されているからこそ、30代で前職の広告代理店を退職し、区議会議員に立候補しました。表参道を掃除するNPO「グリーンバード」はいまや全国各地に拠点がありますが「原宿発」だからこそ拡がっていったので、原宿ブランドが持つ影響力は大きいと思っています。渋谷という街を生かして様々なチャレンジをさせていただいているのですが、「公園」に興味がありまして。最近の公園は「~するべからず」というルールが多いのですが、何をやっても良い自由な公園を作ることにで、多くのお子様・親御さんに愛される公園を作ることに成功しました。また区長になってからは渋谷の多様性を人権にも拡げるべく「同性愛者などへのパートナーシップ証明書」を発行しました。これは区議会議員の時から提案していたもので、大きな話題になったかと思います。
現在は、大きなチャレンジとして企業とのパートナーシップ連携を推進しておりまして、渋谷ソーシャルアクションパートナーシップ制度というものを始めました。LINEさんやセコムさんなど公式に連携を組むことで、区民に様々なサービスを提供する狙いがあります。他にも文化振興に積極的に取り組みたいなと考えています。
そして、ストリートカルチャーで名をはせた渋谷の文化を復活させるために、歩行者天国の復活などを検討しながら、カルチャーをもっともっと盛り上げたいと常日頃から考えております。

宮地:宮地:渋谷にオフィスを構えております、3Minuteの宮地と申します。当社は、動画デジタルマーケティング支援、動画メディア「MINE」と動画コマース「GINI(ジーニー)」の運営をしております。「MINE」はローンチから1年経たないうちに月間1億再生、利用者が150万人突破しています。インフルエンサーに登場していただく動画を主に扱っているのですが、“個の時代“を支えるプラットフォームを提供していきたいと考えております。
常に念頭にあるのは個人がもっと活躍し、世界をHappyにしたいという思いです。

小関:STYLER株式会社の小関です。オフィスを渋谷と原宿の間の神南エリアに構えています。前職はAmazonでEC事業に携わっていましたが、ファッションを含めたライフスタイル部門がECは未成熟だと感じ起業しました。弊社サービス「STYLER」の特徴はチャットベースの消費者と店舗をコミュニケーションを軸にしたファッションO2O。店舗側には新しい顧客の獲得や潜在的なニーズを吸い上げることができるというメリットがあります。また、経済産業省のファッション評議委員や大学講師などを務めており「ファッション×テクノロジー」分野での人を繋げたり、認知拡大を積極的に行っております。

林:株式会社ロフトワークの林と申します。本日の会場でもあるFabCafeの運営を始め、様々な事業を行っております。我々のビジネスの根幹にあるミッションは「未来へのアップデートを促進すること」です。正しく世の中が未来に向かってアップデートされているか?という視点を大切にしながら自社事業や他社様のお手伝いを行っております。今日皆様に集まっていただいているこの「FabCafe」の紹介をしますと、こちらは世界で初めてものづくりができるデジタルファブリケーションカフェとしてオープンしました。現在世界で7店舗オープンし、日々新しいプロダクトが生まれています。デジタル工作機械ですぐにプロトタイプできる環境を作ることで、未来を創るクリエイターを増やしたい。そんな気持ちを抱き、渋谷、道玄坂上を拠点に未来をアップデートする役割を担えればと思っています。

1/5ページ

最終更新:8/25(木) 12:00

SENSORS