ここから本文です

[移籍]ニューカッスル、トッテナムから超速サイドバックのイェドリン獲得を正式発表

theWORLD(ザ・ワールド) 8月25日(木)7時31分配信

今夏、コパ・アメリカでも活躍

新シーズンからチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦うニューカッスル・ユナイテッドFCは、トッテナムからアメリカ代表DFデアンドレ・イェドリンを獲得した。ニューカッスルとイェドリンは2021年6月30日までの5年契約を結ぶ。

同選手はクラブの公式サイトを通じて「ニューカッスルは偉大な歴史のあるクラブで、ここでプレイできるのを名誉に感じる。そしてラファエル・ベニテスのもとで多くのことを学べうことに興奮している。彼は素晴らしい経歴を持っている。ここでプレイするのが待ちきれない」とコメントした。

現在23歳のイェドリンは、MLSのシアトル・サウンダースの下部組織で育つ。2014年にトッテナムに移籍。2015-2016シーズンはレンタル先のサンダーランドでプレイし、リーグ戦23試合に出場した。今夏はアメリカ代表としてコパ・アメリカ・センテナリオに参加し、3位決定戦のコロンビア戦など5試合に出場した。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月25日(木)7時31分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。