ここから本文です

砺波市 東京の女子大生が方言調査/富山

チューリップテレビ 8/25(木) 9:31配信

 砺波地域の伝統に触れながら方言を学ぼうと、日本(にほん)女子大学の学生が砺波平野の伝統的家屋を訪れ、方言の聞き取り調査を行っています。

 方言の調査で砺波市にやってきたのは、日本女子大学文学部の自主ゼミで日本語を学ぶ学生20人です。

 佐々木邸は日本の農村の原風景を今に残す築100年の古民家で、24日は地域住民12人が語り部として方言を使いながら砺波の生活や文化を紹介しました。

 これは、砺波市が都市部に住む若い世代に田舎の暮らしを体験してもらいファンづくりにつなげようと実施している『第2のふるさと発見事業』で、今年は来月末までに5つの大学が参加する予定です。

チューリップテレビ

最終更新:8/25(木) 9:31

チューリップテレビ