ここから本文です

TOKIO松岡昌宏、新ドラマで家政“夫”のミタ“ゾノ”に!暴きたいのは「リーダーの私生活」

E-TALENTBANK 8月25日(木)6時0分配信

TOKIOの松岡昌宏が、2016年10月スタートの新ドラマ「金曜ナイトドラマ 家政夫のミタゾノ」に出演することが発表された。

松岡昌宏が演じるのは、家政婦紹介所に所属する家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)。女性が主に活躍する家政婦業界において、男性ながらに掃除・洗濯・料理・子守などの家事全般を完璧にこなしてしまう“一流家政夫”だ。そんな一流家政夫の三田園ですが、彼が掃除するのは家の汚れだけではなく、派遣された家庭・家族に巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としてしまうのだ。

三田園が派遣先の家庭の秘密を暴き、めちゃめちゃに壊し、そして再生させる…その過程を爽快感たっぷりに描く、痛快かつヒューマンなドラマ『家政夫のミタゾノ』。家庭を崩壊させ、再生へと導くダークヒーローを松岡が演じることになる。

そして毎回劇中には三田園が紹介する“お役立ち家事のHOW TO”が登場し、視聴者を楽しませる。どれもすぐに実践できる技ばかり。第一話には「咄嗟の染み抜き方法」や「洗濯物が早く乾く干し方」などが登場する。

今作で、そんな三田園の家事ワザを監修するのは“家事芸人”として人気を博している松橋周太呂。松橋が持つ掃除・洗濯・料理など家事全般に関するスキルや情報がドラマを盛り上げていく。


【三田園薫役・松岡昌宏 コメント】
三田園は派遣先の家庭の事情をのぞき見して、さらにその家庭を壊そうとしてしまうという悪趣味の持ち主。実際こんな人間がいたら嫌だなー、と思いますが、そういう人物を演じられるというのがこの仕事の面白さ・醍醐味なのかもしれませんね。「こんなヤツ、絶対いてほしくない!」という人物像を自分の中でイメージしながら演じられたらいいなと思います。昔から、日本人は“嫌われ者”が好きな傾向がある気がします。『いじわるばあさん』なんかもそのひとつですよね。家族にもそれぞれプライバシーはあるけど、三田園はそういったものも構わずに暴く! ある種の爽快感は見どころのひとつです。

さらにこのドラマの場合は、三田園が壊した家庭に必ず再生が訪れるんです。その再生の部分には三田園の意思は介在していなく、その行為によって崩壊した結果、再生してしまうという流れなのですが、それはまた新しいタッチですよね。今までいろんな役を演じさせていただき、いろんな作品を見てきましたが、三田園のようなキャラクターは新鮮です。僕が秘密を暴いてみたいとすれば…イチロー選手のタフな身体の仕組みか、うち(TOKIO)のリーダーの私生活ですかね(笑)

『家政夫のミタゾノ』には“家事のHOW TO”がたくさん出てきます。うちは犬を飼っているので、スリッパの裏にから拭きのクリーナーシートを貼り付けながら歩いてこまめに毛を掃除したり、使い終わった歯ブラシをコンロの焦げ付きを取るのに使ったり、と工夫はするようにしています。

料理は好きなので、昔からよくいろんなものを作りますね。仕事が忙しくてもオンオフの切り替えをするために何かを作ったり…。最近はカポナータを常備菜として作っておいて、それにチーズや麺つゆをかけてみたり、カレー粉を混ぜてみたりしながら料理を楽しんでいます。家事の中では洗濯が一番苦手かもしれない…。洗うのはいいんだけど、干すのがあまり好きじゃなくて(笑) 

最近はいろいろなお仕事の現場で女性スタッフの方々とご一緒することも多く、新しく都知事になった小池百合子さんもそうですが、男女間の立場・職業に差がなくなってきているのでしょうね。逆に“主夫”の男性も増えていると聞きます。そういった中で今回男性の僕が、新しい型、新しいタッチで“家政婦”というお仕事の世界に食い込んでいくことにとても興味を持ちました。「どんな風にしようかな」とワクワクしながら準備しています。

テレビ朝日にはこれまで、市原悦子さん、そして米倉涼子さんという“2大家政婦”がいます。市原さんの『家政婦は見た!』は子どもの頃からずっと見ていましたし、もちろん米倉さんの作品も見ました。そこに新たに僕が演じる家政夫が参入するわけですが、あまり気負わずに。あくまで僕はダークな家政夫・三田園でいければいいかな、と思っています。撮影開始に向けて着々と準備も進んで、楽しくなりそうな気配も満載です。チーム一丸となっていい作品を作っていきたいと思っていますので、お楽しみに!

最終更新:8月25日(木)6時0分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。