ここから本文です

<高校ラグビー>埼玉大会42チーム対戦決まる 9月3日開会式

埼玉新聞 8月25日(木)10時31分配信

 ラグビーの第96回全国高校埼玉大会(埼玉新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が24日、熊谷ラグビー場で行われ、昨年より1チーム少ない出場42チームの対戦が決まった。

 今季の関東大会県予選のベスト8がA、Bシード(第1~8)に決まった。同大会4強がAシード(第1~4)で3年連続9度目の優勝を狙う深谷が第1シードに収まった。県新人、関東大会県予選でともに準優勝の慶応志木は第2シードから戦う。第3シードには立教新座、第4シードに正智深谷が収まった。

 Bシード(第5~8)は、第5シードから県内で唯一全国制覇経験のある熊谷工、3年ぶりの栄冠を狙う浦和、伊奈学園、川越工が続いた。合同は昨年と同じ4チームが出場。開会式の選手宣誓は慶応志木の小谷田尚紀主将が務める。

 大会は9月3日午前10時から熊谷ラグビー場で開会式を行い、10日の1回戦から花園を目指す戦いが始まる。決勝は11月19日に熊谷ラグビー場で行われ、優勝校が全国高校大会(12月27日~来年1月11日・花園ラグビー場)に出場する。

 11月5日の準々決勝から有料試合となり、入場料は一般500円、高校生以下は無料になる。

最終更新:8月25日(木)10時31分

埼玉新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]