ここから本文です

【ブラジル】リオデジャネイロ五輪が閉幕 ブラジルは金7個含む19メダル

サンパウロ新聞 8月25日(木)5時5分配信

 リオデジャネイロ五輪の閉会式が21日夜、リオ・デ・ジャネイロ市内のマラカナン競技場で行われ、17日間にわたった南米大陸初の五輪が幕を閉じた。風を伴う雨模様の天候の中、多彩な踊りと音楽でリオ、ブラジルの文化を表現。主催者からは選手、国民、そして大会運営を支えたボランティアへ感謝の言葉が送られ、次回2020年大会の開催地、東京に五輪旗が引継がれた。ブラジル選手団は金7個を含む計19個のメダルを獲得した。

 閉会式は、飛行機の開発で知られるサントス・ドゥモンの顕彰で始まり、続いてコルコバードのキリスト像などリオを象徴する名所がダンサーによって形づくられた。26州1連邦直轄区を表す27人の子供達がブラジル国家を斉唱後、207カ国・地域の選手たちが入場した。

 ピアウイ州のセーラ・ダ・カピバラ公園に残される古代の壁画、北東部の民芸である女性によるレース編などブラジルの文化、歌手カルメン・ミランダや造園家ブルレ・マルクスなどへの顕彰が音楽と踊りで表現された。

 アトラクションの合間に、この日行われた男子マラソンの上位3選手にメダルを贈呈。五輪旗がリオ市のエドゥアルド・パエス市長から国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長、そして次回2020年大会の開催地東京都の小池百合子知事へ引継がれ、小池知事は着物姿で旗を振った。

 リオ組織委員会のカルロス・アルトゥール・ヌズマン会長は、7年間にわたった大会準備を振り返り、ボランティア、国民への感謝を表明。「聖火に感動した男性、女性、若者たちにとってこの大会は記憶と心に残るだろう。リオは歴史を作った。ブラジル国民全てが英雄であり、ブラジルの応援は金メダルだ」と語り、「東京に幸運を」とエールを送った。バッハIOC会長は、「客として来た我々が、帰る時は友人になった。美しい街で開かれた美しい五輪だった」と述べ、選手やボランティアに感謝を表明。今大会に参加した難民の選手たちに対しても、「世界中の難民の希望の象徴」と称えた。

 ブラジル側に続いて行われた東京大会のプレゼンテーションでは、ブラジル・日本をはじめ世界中の言語で「ありがとう」の文字を投影。人気ゲーム「マリオ・ブラザーズ」のキャラクター、マリオが東京から土管を掘り進んで地球の反対側のブラジルに到着するイメージ映像の後、競技場中央に設置された土管のオブジェからマリオに扮した安倍晋三首相が登場する演出で会場を沸かせた。

 フィナーレはリオのブロッコ「コルドン・ド・ボーラ・プレタ」がリオの歌「シダーデ・マラビーリャ」を熱唱し、サンバチームの入場で競技場は一転してカーニバル会場に。花火が打ち上げられる中、選手やボランティアたちも共に踊り、観客も一体となって盛り上がった。

 リオ・パラリンピックは9月7日から18日まで開催される。

◆伯国のメダルは19個

 今大会でブラジル選手団が獲得したメダル数は計19。国別獲得数は13位で当初目標の10位以内はかなわなかったものの、金メダルは04年アテネ大会の5個を上回る過去最高の7個を記録した。

 最終日前日の20日には、サッカー男子ブラジル代表がドイツ代表をPK戦で破り、五輪サッカーで初めての金を獲得。カヌー競技の男子カナディアンペア1000メートルではエルロン・デ・ソウザ・シルバ/イザキアス・ケイロス組が銀メダルを獲得した。ケイロス選手は個人で2個のメダルを獲得しており、1大会3メダルはブラジル初となる。

 20日に行われた女子サッカー3位決定戦に臨んだブラジル代表は、カナダに破れ、メダルなしに終わった。

 最終日には男子バレーボールの決勝戦が行われ、ブラジル代表がイタリア代表に3対0のストレートで勝利。同種目で3回目の五輪金メダルをブラジルにもたらした。

サンパウロ新聞

最終更新:8月25日(木)5時5分

サンパウロ新聞