ここから本文です

虫!? 食べられるの

日本農業新聞 8月25日(木)7時0分配信

 群馬県高崎市の洋菓子店が夏限定で販売する「かぶと虫飼育ケーキ」が人気だ。

 器は本物の虫かご。底にスポンジケーキを敷いて、おがくず風に削ったチョコレートを散らし、チョコレートで作ったアトラスオオカブトなどの成虫と幼虫を並べる。餌の昆虫ゼリーもパイナップル味やオレンジ味の食べられるゼリーで再現している。他にオオクワガタなどもある。

 同市の菓子職人、市川健さん(51)が営む「まちのくまさん」が3年前に発売した。子どもが好きな昆虫のケーキで孫を喜ばせようと購入するお年寄りが多く、これまでに1000個ほど売れた。

 価格は1個1800円(税別)。販売期間は7~9月だが、注文があればいつでも作るという。ラーメンや鉢植えに似せたケーキもあり、市川さんは「いつもお客さんが喜ぶ新商品のアイデアを考えている」という。(富永健太郎)

日本農業新聞

最終更新:8月25日(木)7時0分

日本農業新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。