ここから本文です

虫!? 食べられるの

日本農業新聞 8/25(木) 7:00配信

 群馬県高崎市の洋菓子店が夏限定で販売する「かぶと虫飼育ケーキ」が人気だ。

 器は本物の虫かご。底にスポンジケーキを敷いて、おがくず風に削ったチョコレートを散らし、チョコレートで作ったアトラスオオカブトなどの成虫と幼虫を並べる。餌の昆虫ゼリーもパイナップル味やオレンジ味の食べられるゼリーで再現している。他にオオクワガタなどもある。

 同市の菓子職人、市川健さん(51)が営む「まちのくまさん」が3年前に発売した。子どもが好きな昆虫のケーキで孫を喜ばせようと購入するお年寄りが多く、これまでに1000個ほど売れた。

 価格は1個1800円(税別)。販売期間は7~9月だが、注文があればいつでも作るという。ラーメンや鉢植えに似せたケーキもあり、市川さんは「いつもお客さんが喜ぶ新商品のアイデアを考えている」という。(富永健太郎)

日本農業新聞

最終更新:8/25(木) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。