ここから本文です

ロッテ、正念場6連戦は痛恨の連敗スタート 「前日の続き。ミスが多過ぎる」

Full-Count 8月25日(木)8時11分配信

先発・二木は5回3失点も111球、「攻めの投球ができていない」

 ミスを数え上げれば切りがなかった。24日の日本ハム戦に3-5で敗れ、正念場と臨んだ6連戦の最初の2試合で連敗したロッテ。失点は4回を除いてエラーか四死球絡みだった。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 伊東監督は「昨日の続き。ミスが多過ぎる。いい流れにもってこれない。チャンスで向かっていく姿勢は昨日より出てた感じだが、先発も攻めの投球ができていない。愚痴っぽくなるが、そういうのを出していいはず」と先発・二木にも苦言を呈した。

 その二木は「追い込んでからヒットを打たれたり、ランナーを出してから粘りきれなかった」と話す。5回3失点も111球では攻撃のリズムも生まれない。2-2の3回無死一、二塁で清田はフルカウントから空振り三振。スタートを切っていた角中が三塁憤死で併殺などちぐはぐな攻撃となった。

 5回一1死一塁でその清田が汚名返上と右中間に一度は同点になるタイムリーを放ったが、セットアッパーの切り札、南が8回に簡単に2死をとりながレアードに三遊間を破られ、連続四死球から満塁とし、杉谷に決勝タイムリーを浴びた。

 伊東監督は「まだ試合は残っている」と前を向いたが、上位2チームの姿は遠くにかすみはじめた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月25日(木)9時9分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]