ここから本文です

舞祭組・宮田俊哉、母親を彼女と勘違いされるもマンザラじゃない

MusicVoice 8/25(木) 14:20配信

 舞祭組・宮田俊哉(27)が、プライベートで母親と新宿を散策していた際、ファンに母親を交際相手と勘違いされたエピソードを明かした。「ノロケ話してすいませんね」とマザコンぶりを惜しげもなく話す宮田だが、父親に対しては冷徹な一面も見せた。

 22日深夜放送された、TBS系『Momm!!』に宮田は出演。母親と一緒に新宿を歩いていたら、ファンに見つかり、「あれ? 彼女?」と勘違いされたと言い、母親を「彼女です」と冗談交じりに紹介した際、ファンはそれを鵜呑みにしたというエピソードを語った。

 宮田は母親が「やっぱりママ若いんだね」とはしゃぎ、宮田自身も「お母さん、だって彼女に見えるよ」と返したことを話しながら「ノロケ話してすいませんね」と、母親への溺愛ぶりを惜しげもなく披露した。

 ゲスト出演した、歌手のつるの剛士は「いいねー」と宮田の親子関係を羨んだが、宮田は「その話を聞いた父親から『今度一緒にメシ食い行こうよ』ってメールが来たんですけど、1週間くらい無視しています」と父親には冷淡であることを明かした。

 視聴者からはツイッターなどで「宮田家仲いーなー」「お母さんLOVEなんだな可愛い」と、最近では珍しい親子愛を羨む声も見られた。

最終更新:8/25(木) 14:20

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]