ここから本文です

音楽大好きCOWCOW善しがオススメする「テンションが上がる」3曲とは?

TOKYO FM+ 8/25(木) 12:14配信

ただいま、全国単独ライブツアー『COWCOW USHI ROCK FESTIVAL TOUR 2016』の真っ最中。お笑いコンビCOWCOWのツッコミ担当・善しさんが、TOKYO FMの番組に出演。「マイ唐辛子」へのこだわりと、善しさんがテンションが上がる3曲を紹介してくれました。


COWCOWの善しさんがこだわっているのは、唐辛子。信州善光寺のお膝元の名店でブレンドした「マイ唐辛子」を、常に持ち歩いているのだとか!

「僕は、七味、一味(唐辛子)にちょっとこだわってまして。特に長野県の善光寺というお寺の前に売っている『八幡屋礒五郎』という七味にこだわってるんですよ。みなさん、お蕎麦屋さんとかで、缶の入れ物に入ってるのを見たことがあるかと思うんですけど、あれが今けっこう種類がありましてね。食べ物によって一味、七味を替えるというこだわりがありますね。自分自身の(好みの)ブレンドも、善光寺の前でやってくれるんですよ。それを常に僕、持ち歩いている状況で。食べ物屋さんに入っても、これにはこれが合うんじゃないかな?とセレクトしてかけてます」

そんなCOWCOWの善しさんは、音楽大好き芸人。善しさんがテンションが上がるという3曲を、おすすめしてくれました。

◆「SEE OFF」(BRAHMAN)
「この曲は、みなさんご存じかと思うんですけど、高校野球の応援でよく流れています。それがBRAHMANの『SEE OFF』だと認識してない方が多いかも知れないですけど、どっかの高校がこの曲をやりだして、常総学院が甲子園に出たときに、決勝とかでやってたんですよね。それで全国の高校が真似するようになって、『SEE OFF』という曲が、夏の高校生のテンションが上がる曲になったんです。僕もこれ聴いて、BRAHMANが夏により聴きたくなる感じですね」

◆「SNOWMAN」(LOW IQ 01 & MIGHTY BEAT MAKERS)
「LOW IQ 01というミュージシャンは、まぁ先輩なんですけど、僕はいっちゃんと呼んでます(笑)。昔、SUPER STUPIDというバンドでいろんなフェスを賑やかしてたんですけど、ソロになってからMIGHTY BEAT MAKERSというユニットを組みまして、新しく『SNOWMAN』という曲ができたんです。いくつになってもポップなテンションの上がる曲を作るんですね。ふだんお酒飲んでるときは、文句と人の悪口しか言わないんですけど、曲がポップすぎて(笑)。この反動がいいんですよね。今の若いメロコアのバンドの人たちも、昔からLOW IQ 01を聴いてるかと思うんですが、すごくテンション上がる曲だと思います」

◆「アンテナラスト」(10-FEET)
「この曲は、今年の『京都大作戦』という京都でやる音楽フェスで、10-FEETのライブで初めて生で聴いて、すごくいい曲だなと。最初はインターネットとかで聴いてたんですけど、CDが発売されてほぼ毎日聴いていますね。僕ら今年で42歳なんですけども、(10-FEETのTAKUMAは)41歳でいっこ下。同じ世代の中でずっとやってきたバンドなので、すごく思い入れがありましてね。その長くやっている10-FEETが絞り出した新曲というので感動もしましたし、この夏はこれでテンション上がりましたね!」

現在、COWCOWは、7月から10月にかけて全国15ヵ所のライブハウスを回る単独ツアー「COWCOW USHI ROCK FESTIVAL TOUR 2016」の真っ最中です。昨年行った「COWCOW LIVE2015~USHI ROCK FESTIVAL~」の東京公演は、KenKen(RIZE / Dragon Ash)や、もんたよしのりさんがゲスト出演して話題になりました。今年も会場によってはサプライズなゲストが登場するかも? 「あたりまえ体操」やハードロックネタ「アイアンメイシン」に続く新ネタもお楽しみに。COWCOWや、善しさんの出演情報などは、COWCOWの公式サイト(http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=191)からご覧ください。

(COWCOWの善しさんは、2016年8月24日水曜日、TOKYO FMの番組「LOVE CONNECTION」のコーナー「STARBUCKS MUSIC BARISTA」に出演しました)

最終更新:8/25(木) 12:14

TOKYO FM+