ここから本文です

観光をきっかけに地方移住を促進、リクルートが栃木県日光市と定住モデル構築へ

トラベルボイス 8/25(木) 19:52配信

リクルートライフスタイルのじゃらんリサーチセンターは、日光市と共同で同市への定住を目的とする企画「LifeTrip日光」を実施する。観光をきっかけに日光の暮らしと仕事に興味を持ってもらい、定住に繋げる。第一弾として、地域の暮らしに興味を持つ首都圏在住の若者やファミリー層を対象に、2016年9月24日から1泊2日の日程で移住イベントを開催する。

移住イベントでは、「仕事」と「暮らし」を紹介。日本郵便やECCをはじめとする企業からの仕事紹介や希望者との個別相談会を実施するほか、日光市で暮らす上での支援制度も紹介する。イベント開催後は希望者向けのフォロー体制として、移住から定住までのサポートも行う。移住イベントの前後はフリータイムのため、翌日は日光を観光することが可能。現地アクティビティが楽しめるクーポンも配布する。

じゃらんリサーチセンターでは公式ページをじゃらんnet上に用意。移住イベントの参加は、「LifeTrip日光移住イベント付き宿泊プラン」を予約し、終了後アンケート回答を受けることが条件となっている。イベント付き宿泊プランでは、「ふるさとお得クーポン」を配布。クーポンを取得した人には一人6000円~1万円を割り引く。さらにアンケート回答でチェックアウト時に3000円~5000円のキャッシュバックもある。

なお、「LifeTrip日光」は内閣府の「地方創生加速化交付金」の対象事業として実施するもの。定住イベントは年3回実施する予定だ。

詳細は「LifeTrip日光」公式ページ(http://www.jalan.net/jalan/doc/news/button/0583105201/)で閲覧できる。

トラベルボイス編集部

最終更新:8/25(木) 19:52

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。