ここから本文です

2017年、スマホのバッテリーが2倍に? MIT関連企業から新技術登場

ギズモード・ジャパン 8月25日(木)20時10分配信

もうプロトタイプはできています。

いつまでも終わることのない、スマートフォンの高性能化とバッテリー容量のせめぎあい。たとえバッテリー容量が年々増えたとしても、大画面液晶や高性能プロセッサが一気にそのアドバンテージを奪ってしまう、というのがこれまでの流れでした。でもMIT関連企業が開発したバッテリーの新技術は、「来年にもスマホなどに使われるリチウムイオンバッテリーの容量を2倍にできる」可能性があるんです。

Engadgetによると、MITのスピンオフとして設立されたSolidEnergy Systems社が開発した新バッテリーは、既存のリチウムイオンバッテリーの改良版です。現在の生産ラインで製造可能で、2017年の量産が計画されています。すでにiPhone 6で動作するプロトタイプも試作済み。かなり実用に近い技術となっています。

通常リチウムイオンバッテリーの陰極にはグラフェンを利用するのですが、新バッテリーでは非常に薄くエネルギーの高いリチウム金属箔を採用。より多くのイオンを保持し、大きな電力を取り出すことができます。また、電解質の調整によってバッテリー寿命と安全性も向上…など、いいことずくめなようですね。

このような高エネルギーなバッテリーはバッテリー駆動時間を伸ばすだけでなく、「バッテリー容量を維持したままの機器の小型化」も可能にします。現在スマートフォンメーカーはさらなる端末の薄型化を計画しており、新技術は必須となるでしょう。

個人的には、ちょっと分厚くてもいいから1日まるまる使えるスマートフォン、って選択肢も見てみたいですけどね。

source: Engadget via 9to5Mac

(塚本直樹)

最終更新:8月25日(木)20時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]