ここから本文です

大気不安定、ゲリラ豪雨 佐倉98ミリ、千葉県内各地で浸水被害

千葉日報オンライン 8/25(木) 12:33配信

 千葉県内は24日、南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響などで、各地でゲリラ豪雨となり、浸水などの被害が出た。

 県によると、佐倉市では降り始めから約2時間で98ミリの雨を観測。銚子地方気象台によると茂原市で午後2時ごろまでの時間雨量が51・5ミリ、成田市で同1時50分までに同25・5ミリを観測。

 県は同2時20分、成田、佐倉、八街、富里の4市に土砂災害警戒情報を、夕方にかけ富里、佐倉両市の一部地域に避難勧告を出した。

 県によると、市原市の幼稚園で床上浸水、印西市の住宅1棟で床下浸水の被害があった。JR千葉支社によると総武本線、成田線(我孫子方面含む)で成田エクスプレスなどの特急11本を含む計上下49本が運休し、乗客約7500人に影響した。

最終更新:8/25(木) 12:33

千葉日報オンライン

なぜ今? 首相主導の働き方改革