ここから本文です

宮澤佐江、宮野真守との“お揃い部屋着”2ショット写真で「本当に仲良い」「二人とも可愛すぎか」

E-TALENTBANK 8月25日(木)17時30分配信

今年4月AKBグループを卒業し、現在東京・帝国劇場で上演中のミュージカル「王家の紋章」に出演中の宮澤佐江が、8月24日、Twitterで宮野真守との2ショット写真を公開した。

同ミュージカルに、呪いにより、タイムスリップしてしまう、現代のエジプトで考古学を学ぶ、好奇心旺盛な少女・キャロル役として、新妻聖子とダブルキャストで出演中の宮澤佐江。また、宮野真守は、聡明で美形なエジプトと敵対するヒッタイトの王子・イズミル役として、こちらも平方元基とダブルキャストで出演している。

宮澤は、Twitterで「本日もご観劇ありがとうございました。ラストマモミル。」と、コメント。同ミュージカルは8月27日(土)まで上演されているが、宮澤と宮野の共演が24日で最後だったため「ラストマモミル」となったようだ。

また、宮澤は「いろんな事を思い出しました。今回マモさんがいてくれた事は私にとって力強かった。情熱的で妹想いでまっすぐなマモミル、大好きです。また再演でね。 #王家の紋章 #宮野真守」と、メッセージを添え、お揃いのボーダーのパーカーとハーフパンツの“部屋着”姿で映った2ショット写真を公開した。

“お揃い”に関して宮澤は「部屋着がお揃いなのは偶然です。」と、元々同じ部屋着を持っていたと説明した上で、「でも、今日着たのはわざとです。ごめんなさい。」と、二人のコンビの“千秋楽”だったことからお揃いを着た、と謝罪も含めて補足した。

この投稿にミュージカルへの熱い感想が伝えられると共に、2ショット写真にはファンから、「なんかいいなーなんか!」「本当に仲良いですね」「まさかのおソロだったんですね」「おソロっち!!可愛いー」「このカップル感いいよ」「二人とも可愛すぎか」「お揃い兄妹みたいで可愛い」「お揃い可愛い!!」「お揃いいいなぁ~」と言ったコメントが寄せられていた。

最終更新:8月25日(木)17時47分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。