ここから本文です

キヤノンEOSの象徴が進化! EOS 5D Mark IVは9月8日発売で、約3040万画素のセンサーを搭載

Stereo Sound ONLINE 8月25日(木)23時22分配信

 キヤノンから、EOS 5D Mark IVが発表された。9月8日の発売で、同社オンラインショップでの販売予定価格は以下の通りとなる(すべて税別)。

・ボディ:¥432,500前後
・EF24-70 F4L IS USMレンズキット:¥547,500前後
・EF24-70 F2.8L II USMレンズキット:¥617,500前後
・EF24-105L IS II USMレンズキット:¥557,500前後(10月下旬発売)

 5D Mark IVは多くの点で5D Mark IIIから進化を果たしている。

 まずCMOSセンサーは約3040万画素(記録有効画素:約3010万)タイプとなり、同時にISO32000までの高感度化と高速読み出しにも対応した。

 さらにデュアルピクセルCMOS AFを採用している。これは、CMOSセンサーのそれぞれの画素をふたつのフォトダイオードで構成することで、1画素からふたつの映像信号を検出、位相差AF処理を行うことによりフォーカスの移動方向と移動量を検出算出するもの。合焦位置を探すためのフォーカス移動がなくなり、スムーズで高速のAFが実現できるという。

 同時にモニターに触れるだけでフォーカスを調整できるタッチAFも付いているので、シャッターチャンスを逃すこともないだろう。

 映像エンジンはEOS 1DMK2にも搭載されているDIGIC6+で、低輝度ノイズの除去や画像処理能力も5D Mark IVから進化を果たした。さらに4K(水平4096×垂直2160画素)/30pや2K(水平1920×垂直1080画素)/60p、HD(水平1280×垂直720画素)/120pの動画撮影も可能だ。

 高速連写撮影は5D Mark IIIからさらに増えて、毎秒約7コマを実現。これには、ミラー駆動を高速化しながら、振動を短時間で収束させた新ミラー振動制御システムの搭載が効いているようだ。

1/2ページ

最終更新:8月25日(木)23時22分

Stereo Sound ONLINE