ここから本文です

ジョコビッチ 全米OP初戦に向け調整、抗議パフォーマンスで観客沸く<男子テニス>

tennis365.net 8月25日(木)11時29分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は24日、男子シングルスで第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)がプラクティス・コート3で練習し、初戦に向けて調整した。

【錦織ら全米OPシード順発表】

この日、ジョコビッチが放ったボールがラインギリギリに落ち、判定はアウト。これに対し、ジョコビッチは抗議するパフォーマンスを見せ、観客を沸かせた。

世界ランク1位のジョコビッチを一目見ようと、観客席は満員状態だった。

組み合わせは、現地26日に行われる予定。

今年の全仏オープンでジョコビッチは史上8人目となる生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会で優勝)の快挙を達成。

しかし、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で3回戦敗退、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)では初戦で姿を消した。

今大会では2連覇と3度目の優勝を狙う。

tennis365.net

最終更新:8月25日(木)11時29分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。