ここから本文です

テリーは未だにイングランド最高のDFだ 代表復帰案に「CBは経験値が欠かせないポジション」の声

theWORLD(ザ・ワールド) 8月25日(木)11時20分配信

2年後には37歳に

チェルシーで定位置を再び確保しているDFジョン・テリーをイングランド代表に戻すべきなのか。イングランド代表監督に就任したサム・アラダイスがテリーの代表復帰を検討しているとの話題は大きな注目を集めている。

テリーはすでに35歳で、仮に2018ワールドカップに出場すれば37歳だ。大ベテランの域に突入しており、招集案に疑問を持つ者も少なくないだろう。

しかし英『sky SPORTS』によると、元アイルランド代表のトニー・カスカリーノ氏はテリーを招集すべきと考えている。カスカリーノ氏は経験値がセンターバックには欠かせないと語り、若手のジョン・ストーンズらを助けることになるはずだと招集案を後押ししている。

「センターバックは経験値が欠かせない特別なポジションだ。私は2度ワールドカップに、そして1度EUROに出場したが、我々にはケヴィン・モーラン、ミック・マッカーシー、ポール・マグラーがいた。彼らはみんな30代半ばだったが、彼らがチームを引っ張っていたんだ。今ジョン・ストーンズは若くて才能のある選手だが、テリーから恩恵を受けるだろう」

また、ストーク・シティに所属するチャーリー・アダムもテリーが未だにイングランド最高のセンターバックだと主張しており、年齢は大した問題にはならないと考えていることを明かしている。

テリーが復帰すれば若返りの勢いにブレーキがかかってしまう感もあるが、果たしてテリーは招集すべき選手なのか。賛否の分かれるところとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月25日(木)11時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]