ここから本文です

台風10号 今後猛烈な強さに発達 来週初めにも本州接近のおそれ

ウェザーマップ 8月25日(木)17時3分配信

 非常に強い台風10号は今後も発達を続け、猛烈な強さとなる見通しだ。
 27日(土)頃からは進路を東寄りに変え、来週初めには本州にかなり接近、上陸するおそれもある。今後の台風情報に十分な注意が必要だ。

 台風10号は25日午後3時現在、南大東島の南海上にあり、ゆっくりとした速さで南西へ進んでいる。
 中心から90キロ以内では風速25メートル以上の暴風、中心から220キロ以内では風速15メートル以上の強風となっている。台風に近い大東島地方では26日にかけて非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見通し。

27日(土)頃から進路を東寄りに変えて北上

 台風は26日(金)にかけて、動きが遅いが、27日(土)頃から進路を東寄りに変え、次第に速度を上げながら北上する予想だ。29日(月)から30日(火)にかけては本州の広い範囲で大荒れの天気となるおそれがある。

【26日にかけて予想される最大瞬間風速】
大東島地方 35メートル

【26日にかけて予想される波の高さ】
大東島地方 7メートル

 気象庁は今後の台風情報に留意するとともに、地元気象台が発表する警報・注意報、気象情報等に注意するよう呼びかけている。

最終更新:8月25日(木)17時3分

ウェザーマップ