ここから本文です

ロッテ・ナバーロ、2点二塁打も守備でミス…指揮官「決して状態はよくない」

Full-Count 8月25日(木)9時13分配信

1番起用も守備で失点につながる悪送球、試合中には「守備でミスしているし…」

 頼っていいのか、悪いのか――。ロッテのヤマイコ・ナバーロ内野手は24日の日本ハム戦で守備のミスを何とか打撃で埋め合わせた。

 7月27日のオリックス戦(神戸)以来、今季2度目の「1番・セカンド」で先発すると、初回1死一、三塁で先発二木が中田を三ゴロに打ち取ったが、二塁に入ったナバーロが一塁に悪送球。併殺で終わるはずが、先制を許すエラーになった。その前の大谷の右前打も普通に守れば処理できる打球だったが、逆をつかれる見えないミスもあった。

 汚名返上と、2回2死一、二塁で119キロのカーブを左中間に一時は逆転の2点二塁打。試合中にコメントを求められると「後にしてくれるかい。守備でミスしているし、今はゲームに集中したい。久しぶりのタイムリーでいいところで打てたのは確かだが」と話した。

 一番に起用した理由について、伊東監督は「誰をどこに置くとかではなく、いい形にならないかということで…決して彼の状態はいいわけではない」と吐露。チームは3-5で敗れ、暗中模索が続く。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月25日(木)9時13分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。