ここから本文です

<河川敷16歳遺体>殺人容疑で少年逮捕「うそついたり、無視した」

埼玉新聞 8/25(木) 22:16配信

 埼玉県東松山市下唐子の都幾川河川敷で23日朝、吉見町中曽根の井上翼さん(16)の遺体が見つかった事件で、東松山署捜査本部は25日、殺人の疑いで、東松山市の無職少年(16)を逮捕した。捜査本部によると、少年は「うそをついたり、電話やメールを無視したから殺した」と容疑を認めている。2人の共通の友人によると、少年は井上さんについて「イライラする」などと書いたメッセージをこの友人に送っていた。捜査本部は2人の間でトラブルがあったとみて調べている。

 逮捕容疑は22日ごろ、同市下唐子の都幾川河川敷で、井上さんを何らかの方法で殺害した疑い。遺体発見時、井上さんは全裸で、下半身と上半身の左側が埋まっていた。所持品は見つかっていない。死因は溺死で、致命傷となるような目立った外傷はなかった。捜査本部は殺害方法について「これから明らかにしたい」としている。

 捜査本部によると、少年は24日午前1時45分ごろ、父親に付き添われて東松山署に出頭。事件に関与した疑いが強まり、25日午前8時19分に殺人容疑で逮捕された。取り調べには落ち着いた様子で応じているという。

 2人の共通の友人によると、逮捕された少年は「パズル」と呼ばれる地元の不良グループのメンバーとみられ、共通の知人を通じて16日ごろ、井上さんと知り合った。少年は22日夜、この友人に対し「つばさと連絡取れなくてイライラしてる」という内容のメッセージを送っていた。

 県警は井上さんの交友関係を調べ、10人以上の少年を事情聴取。捜査関係者によると、「井上さんが暴行されているのを見た」という証言もあり、現場には複数の少年がいたとみられる。ただ、話が二転三転する少年もおり、慎重に裏付けを進める方針だ。

 井上さんの遺体は23日午前8時ごろに発見された。前日の22日は台風の影響で都幾川が増水し、夕方ごろに河川敷は水没していたとみられる。

最終更新:8/26(金) 23:48

埼玉新聞