ここから本文です

神鋼メタルプロダクツ、売上高 5年で2割増目指す モールド・複合線 拡販

日刊産業新聞 8月25日(木)12時24分配信

 神戸製鋼所グループで銅合金管や電炉用モールドを製造する神鋼メタルプロダクツ(本社=北九州市門司区、原口一彦社長)は、2021年3月期までの5年間で地金価格を除いた売上高(マージン)を20%引き上げたい考えだ。主力の銅合金管は需要の伸びを期待しにくいが、モールドや複合線などの販売量を伸ばすことで収益拡大を図る。

最終更新:8月25日(木)12時24分

日刊産業新聞