ここから本文です

人間に限界はあるのか。五輪の記録が伸び続ける理由

ギズモード・ジャパン 8月25日(木)22時40分配信

まだまだ興奮冷めやらぬ感じ。

2週間に渡って開催された、リオ五輪。眠い目をこすりながらの観戦は大変でしたが、終わってしまうと寂しいものですね。

そんな五輪が最高に盛り上がる瞬間の1つに、世界新記録の誕生があります。人類が壁を突破する姿は、感動と興奮をもたらしますよね。

今回も多くの種目で新記録が誕生したわけですが、それにしても、人間はどうして記録を更新し続けられるのでしょうか。そんな疑問を五輪の歴史とともに解説した動画が、Quartzに掲載されていました。(動画はこちら:http://qz.com/757648)

いわく、100年前の男子マラソンの記録は3時間28分53秒。これが2012年には2時間8分1秒と、何と1時間20分も短くなっています。他にも、80年前の高飛び込みは本当にただ飛び込むだけだったり、体操の跳馬は前方に1回転するのみ。現在の技と比べると、とてつもない違いがあります。

動画では、そんなスポーツの進化について、いくつかの理由を挙げています。

・各種センサーやモニター、ジャイロスコープなどの登場や進化により、高度な練習が可能になった
・水着やウェアなど、素材や道具が進化した
・以前は兼業だったスポーツ選手が、今はプロとして専念でき、トップアスリートは莫大な収入を得るようになった
・アフリカ諸国など、運動能力に優れた人々が多い国が参加するようになった

世界中のトップアスリートたちがしのぎを削る五輪という舞台。はたして、2020年にはいくつの世界新記録が生まれるのでしょうか。今から楽しみですね。

image by Quartz

source: Quartz

(渡邊徹則)

最終更新:8月25日(木)22時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]