ここから本文です

錫、1年半ぶり高値圏 需給見合い、相場「健全化」 1.8万ドル半ば

日刊産業新聞 8月25日(木)12時25分配信

 錫の国際相場にようやく減産効果が反映されてきた。ロンドン金属取引所(LME)相場は1月の直近最安値から40%値を戻し、1年半ぶりの高値圏のトン1万8000ドル台半ばに上昇。2年前から最大輸出国インドネシアの供給抑制策に対して逆行安をたどっていた相場だが、ここにきて中国やタイの減産も相次ぎ、需給に基づく「健全な」(扱い筋)相場パターンに戻ってきた。

最終更新:8月25日(木)12時25分

日刊産業新聞