ここから本文です

SMAP中居正広の言動に勘違いし、高橋真麻が体重告白。「俺、そんな失礼じゃない」

E-TALENTBANK 8月25日(木)21時0分配信

23日深夜にフリーアナウンサーの高橋真麻がブログを更新し、SMAPの中居正広らと交わした会話内容を明かした。

高橋は同日、現在開催中の「お台場みんなの夢大陸2016」内にある「みんなの夢大陸マイナビステージ」で、「渚のシンドバッド」などを歌い、自慢の美声を披露した。

ブログではそのことに触れながら、続いての収録現場のエレベーター内で起きた“とある事件”について綴った。お笑いタレントで落語家の笑福亭鶴瓶が「あの女性スタッフ、20キロ以上痩せたんやて」と話した直後、中居が「真麻いくつ?」と、突然高橋に質問を投げかけてきたのだという。

高橋は驚きながらも、「えっ!?…54キロです…」と自分の体重を正直に申告。すると、中居は「俺、そんな失礼じゃないよ!歳だよ!歳。何歳?って聞いたの!w」と、体重と年齢を勘違いしてうっかり事実を答えてしまった高橋に指摘したそうだ。

コメントでは、高橋のうっかり発言に「変に隠さないで正直に答えちゃう真麻さん素敵です」「照れながらもちゃんと答えるなんてかわいい」などの声が集まる一方、中居の愉快な言動にも「中居くんらしいひっかけですね」「絶対、中居さんの策略だと思います(笑)」などと、反響の声が寄せられていた。

最終更新:8月25日(木)21時0分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。