ここから本文です

米Yahoo!CEOマリッサ・メイヤー「週130時間働くにはトイレの回数の戦略も必要」

ギズモード・ジャパン 8月25日(木)23時30分配信

Googleの20人目の従業員で初の女性エンジニア、現在はYahoo!のCEOとして一意奮闘しているマリッサ・メイヤー氏。彼女いわく、Googleの成功を語るうえで見逃されがちなことは、彼らがいかにハードに働いているかということ。時にはトイレに行く時間すら戦略的に計画するほどのハードワークが必要だとBloomberg Businessweekのインタビューで語っています。

”Googleを語るうえで無視されがちなことはハードワークの価値です。記者がGoogleを取りあげるとき、ハードワークは避けられないものといったふうに書かれることが多いです。しかし、実際は“週130時間働けるか?”というような世界です。これに対する答えはイエス。寝る時間、シャワーの時間、トイレに行く回数をコントロールすれば可能です。Googleにナップルームがある理由は、午前3時に家に歩いて家に帰るよりも、会社にいるほうが安全だからです。わたしも少なくとも1週間に一度は徹夜をしていました。さすがにバケーションを取っているときは別ですよ。とはいえバケーションを取るなんてごく稀なことなんですけどね。”

インタビュアーのMax Chafkin氏が「Wow」と漏らすほど驚きの発言です。Googleの従業員が全員トイレの時間を最適化していったら、徐々にトイレの時間がシンクロしていったりするのでしょうか。

インタビューではGoogleでのモーレツハードワーク以外にもYahoo!就任時の体験(「どれだけ税法の勉強や中国のEコマースについて意見を組み立てるのに時間をかけたかわからない」)と語り、Yahooの未来については(「わたしは(Yahoo!に)留まりたいと思っている。会社を愛しているし、次のチャプターへの過渡期を見届けたいから」)ときっぱり言い切っています。退職金をもらうのはだいぶ先のことになりそうですね。さらに、最近双子を出産した彼女なりのワークライフバランスについても話しています。

とはいえ、やっぱりどうしても頭を離れないのがトイレに関する発言。これを読んでいるGoogleの従業員の方がいたらぜひ連絡をください。そこらへんの戦略についてお話を伺いたいです。

image by Magnus Hoij via Flickr

source: Bloomberg Businessweek

Sophie Kleeman - Gizmodo US [原文]

(Haruka Mukai)

最終更新:8月25日(木)23時30分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]