ここから本文です

まだストーンズは世界トップに程遠い ペップの考える世界トップのDFは「彼は全てを獲得している」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月25日(木)12時40分配信

ストーンズが追いつくには時間がかかるか

今季からジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティでプレイしているイングランド代表DFジョン・ストーンズは、ボールを繋ぐ技術もあることからグアルディオラが育てたバルセロナDFジェラール・ピケと比較されることが多い。

イングランド国内でもストーンズがピケのような存在になる日を期待する声が挙がっているものの、グアルディオラはまだ早いと考えているようだ。

英『Daily Mirror』によると、グアルディオラはピケが世界のあらゆるタイトルを獲得した名DFだと主張。まだストーンズが追いつくには時間がかかることを強調した。

「ジェラールは本当にトップクラスの、あるいは世界最高のセンターバックだよ。彼は世界で全てを獲得している。ジョンはまだキャリアを作り始めたところだからね。このクラブで長く続けてもらいたいね」

ピケに多くのタイトルをもたらした張本人こそグアルディオラだが、ストーンズもグアルディオラとともにプレミアリーグ、さらにはチャンピオンズリーグの獲得が期待される。タイトルのかかった重要な試合を多く経験することもピケのような名DFに近づく大事な要素の1つだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月25日(木)12時40分

theWORLD(ザ・ワールド)