ここから本文です

ミャンマーでM6.8の地震、バガンの仏塔が多数損壊

AFPBB News 8/25(木) 11:20配信

(c)AFPBB News

【8月25日 AFP】ミャンマーで24日、マグニチュード(M)6.8の地震が発生し、少なくとも3人が死亡した他、仏教遺跡で知られるバガン(Bagan)のパゴダ(仏塔)200基近くが損壊した。当局が明らかにした。

 米地質調査所(USGS)によると、震源はバガンの約30キロ南にある町チャウク(Chauk)そばで、震源の深さは84キロ。

 ミャンマー情報省によると、マグウェ(Magway)地域で7歳と15歳の少女2人が死亡。また地元警察がAFPに語ったところによると、近くの町でも22歳の男性が死亡した。

 宗教・文化省はフェイスブック(Facebook)に投稿した声明で、2500以上あるバガンの仏教遺跡のうち171が地震によって損壊したと発表。バガン文化当局の責任者、アウン・チョー(Aung Kyaw)氏はAFPに「一部は深刻な被害を受けた」と語っている。

 一方、タイの首都バンコク(Bangkok)でも高層ビルが左右に揺れるのが確認できた。インドのコルカタ(Kolkata)でも揺れが感じられ、パニックに陥った住民らが屋外に飛び出す姿がみられたという。映像は損壊した仏塔。25日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:8/25(木) 11:20

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]