ここから本文です

ミャンマーでM6.8の地震、バガンの仏塔が多数損壊

AFPBB News 8月25日(木)11時20分配信

(c)AFPBB News

【8月25日 AFP】ミャンマーで24日、マグニチュード(M)6.8の地震が発生し、少なくとも3人が死亡した他、仏教遺跡で知られるバガン(Bagan)のパゴダ(仏塔)200基近くが損壊した。当局が明らかにした。

 米地質調査所(USGS)によると、震源はバガンの約30キロ南にある町チャウク(Chauk)そばで、震源の深さは84キロ。

 ミャンマー情報省によると、マグウェ(Magway)地域で7歳と15歳の少女2人が死亡。また地元警察がAFPに語ったところによると、近くの町でも22歳の男性が死亡した。

 宗教・文化省はフェイスブック(Facebook)に投稿した声明で、2500以上あるバガンの仏教遺跡のうち171が地震によって損壊したと発表。バガン文化当局の責任者、アウン・チョー(Aung Kyaw)氏はAFPに「一部は深刻な被害を受けた」と語っている。

 一方、タイの首都バンコク(Bangkok)でも高層ビルが左右に揺れるのが確認できた。インドのコルカタ(Kolkata)でも揺れが感じられ、パニックに陥った住民らが屋外に飛び出す姿がみられたという。映像は損壊した仏塔。25日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:8月25日(木)11時20分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。