ここから本文です

ウーマン村本、ぱるるの“塩対応”キャラに対する意見が話題。ファンからは「わかってらっしゃる」「その通り」の声

E-TALENTBANK 8月25日(木)21時10分配信

8月24日、ウーマンラッシュアワーの村本大輔のTwitterでの発言が話題になっている。

村本は、24日、自身のTwitterで「ファンがぱるる強敵とか徳光さんを手こずらせたとか言ってるけど、収録した印象、ただただシャイで素直なイメージ。悪なんか微塵も感じず。」とコメントした。

これは、現在MCを務めている日本テレビ系「AKBINGO!」でAKB48の島崎遥香と同番組で初共演した際、今やぱるるのキャラとして定着してしまっている“塩対応”に対抗して、いいファンには“砂糖対応”を、と勧めた経緯があり、このことに関してファンから寄せられたコメントに対する返信だった。

そして、この発言にお礼を言ったファンに対しても「わかるよ。大人が、ぱるるを冷たいやつに仕立て上げようとしてるだけで、あの子はシャイで真面目な優しい子。」とコメントしたり、島崎のキャラや好き嫌いに対して言及したコメントには「ぱるるを決めつけるな。人を決めつけるからその期待で人は人生の選択肢を狭めてしまう。人を決めつけてはならない。」と返信するなど、一貫した態度を見せた。

これに対してファンからは「シャイで素直なぱるるを理解していただけて、大変嬉しいです」「塩対応という言葉が一人歩きしすぎましたね」「村本さんわかってらっしゃる!」「ありがとう、村本さん!」「ドンドンドンドン引き出していってあげてください」「その通りです!」との声が寄せられていた。

最終更新:8月25日(木)21時10分

E-TALENTBANK