ここから本文です

第1シード・ガスケ 同胞対決に快勝し準々決勝へ<男子テニス>

tennis365.net 8/25(木) 21:44配信

ウィンストン・セーラム・オープン

男子テニスのウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)は24日、シングルスの3回戦が行われ、世界ランク15位で第1シードのR・ガスケ(フランス)が同52位のS・ロバート(フランス)を6-1, 6-3のストレートで下し、準々決勝進出を決めた。

フランス人対決となったこの試合、ガスケは8度相手にブレークポイントを与えるも7回しのぎ、自身はロバートのサービスを5度ブレークに成功し快勝した。試合時間は1時間6分。

両者は2013年の全米オープンで対戦しており、この時もガスケがフルセットで勝利、対戦成績は2連勝となった。

ガスケは西岡良仁(日本)を破ったJ・ミルマン(オーストラリア)と準々決勝で対戦する。

来週からスタートする全米オープンに第13シードとして出場するガスケは、前哨戦である今大会で弾みを付けて全米オープンに臨みたいところ。

一方のロバートはここまでP・H・マチュー(フランス)、F・デルボニス(アルゼンチン)を下しての勝ち上がりだった。

tennis365.net

最終更新:8/25(木) 21:44

tennis365.net