ここから本文です

最新のメルセデスデザインを採用した新型「CLA/CLA シューティングブレーク」を発表

オートックワン 8/25(木) 17:52配信

メルセデス・ベンツ日本は、新型「CLA/CLA シューティングブレーク」を発表し、8月24日より発売した。

メルセデス・ベンツ CLA/CLA シューティングブレークの写真を見る

価格(消費税込)は、「CLA」が379万円~773万円、CLAシューティングブレークが395万円~789万円となる。

「CLA」は、スポーティさとダイナミックさが際立つスタイリッシュなフォルムが最大の特長の4ドアクーペで、「CLAシューティングブレーク」は、そのスタイリッシュなフォルムに高い利便性を融合したモデルである。

新型「CLA/CLA シューティングブレーク」のエクステリアは、最新のメルセデスデザインを採用し、スポーティなプロポーションと丸みのある官能的な面の造形によるパワフルでダイナミックな個性をより強調した。

また、「CLAシューティングブレーク」は、サッシュレスのサイドウインドウなどによりクーペの性格を与えられると同時に、ステーションワゴン並みの自在なスペースアレンジと実用性をも備えている。

フロントマスクは、ダイヤモンドラジエターグリルを標準装備としたほか、さらに、走行状況や天候に応じて配光モードを自動で切り替える「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」やさまざな情報を映し出す8インチに大型化されたワイドディスプレイを全モデルに標準装備した。

インストゥルメントクラスターは、文字盤や赤い指針に新しいデザインを採用することで、昼夜を問わずメーターが読みやすくなった。サイドは、流麗でスポーティなスタイリングを継承し、Cd値0.23とクラストップレベルのエアロダイナミクスを実現した。

リアには、エグゾーストエンドと一体化した新設計のバンパーデザインを採用、さらにデザインを刷新したLEDコンビネーションランプが新型CLAの独特なリアスタイルを強調している。また、ボディカラーには新色のカバンサイトブルーが加わった。 

新型「CLA/CLA シューティングブレーク」は、スイッチを操作するだけで4つのモードからドライバーが望むキャラクターに瞬時にセッティング可能な「ダイナミックセレクト」も標準装備している。「Comfort」、「Sport」、「ECO」と3つから選んだモードに応じて、アクセルレスポンス、トランスミッションのシフトポイント、ステアリング特性などの様々なパラメーターを変化させることで、市街地から高速道路、ワインディングロードなど、走行環境に応じ最適な走行モード切り替えが可能。さらに、“Individual“モードでは、ドライバーの好みで自由に設定してオリジナルのモードがカスタマイズできる。

1/2ページ

最終更新:8/25(木) 17:52

オートックワン