ここから本文です

ソン・フンミンに皮肉な展開!? トッテナムはソンが“着信拒否した”元同僚MFを獲得か

theWORLD(ザ・ワールド) 8/25(木) 16:30配信

再びレヴァークーゼンから補強?

イングランドのトッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンにとって、都合の悪い展開が待っているかもしれない。

この優秀な技巧派アタッカーは昨夏にドイツのレヴァークーゼンより、アジア人史上最高額となる約30億円の移籍金でトッテナムへ加入。大きな期待が寄せられたが、継続した出場機会を確保することはできず、不遇の時期を過ごしていた。独紙『Kicker』は先日、クラブがソンの売却を模索しており、ブンデスリーガのクラブへ放出するのではないかと指摘。そんなソンと入れ替わる形でトッテナムへの移籍が取り沙汰されているのが、よりによってソンと犬猿の仲であるレヴァークーゼンのFK職人ハカン・チャルハノールだ。英『Mirror』はトルコ代表MFの代理人による「トッテナムからの興味は事実だ」といったコメントも掲載している。

チャルハノールといえば、昨夏にクラブからの了承を得ないまま渡英し、トッテナム移籍手続きを進めたソンに「間違った行為だ」と公に批判。韓国代表アタッカーもこれに応戦するなど、後味の悪い別れ方をしていた。またソンはトッテナム移籍時にチャルハノールからの電話を着信拒否したとされ、2人の仲はもはや修復不可能に。仮にソンが今夏にチームから放出されずに残留を果たしたとしたら、2人にとっては“望まない再会”が実現することになるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/25(木) 16:30

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]