ここから本文です

【MLB】ダルビッシュのプロ初本塁打に米メディア大興奮「打撃練習じゃないぜ!」

Full-Count 8/25(木) 12:07配信

日米通算52打席目に出た125メートル弾「ボールを完全粉砕した」

 24日(日本時間25日)敵地レッズ戦で先発したレンジャーズのダルビッシュ有投手が、メジャー初ホームランを放った。レンジャーズの投手としては、1997年6月30日にボビー・ウィットがドジャースタジアムで本塁打を記録して以来、19年ぶりの快挙となった。スラッガーも顔負けの410フィート(約125メートル)弾に、米メディアは「ボールを完全粉砕した」「安っぽいホームランではない」と、破壊力抜群の一撃に大いに盛り上がっている。

ダルビッシュ有のNPB・MLB年度別通算成績

 3-2で迎えた5回2死走者なしの場面で、ダルビッシュのバットが火を噴いた。レッズ先発エイドルマンの4球目91マイル(約146キロ)速球を強振すると、大きな弧を描いた打球は中堅手の頭上を越え、スタンドに飛び込んだ。右腕のまさかの一発に、ベンチで待ち受けたチームメートは歓喜した。

 この一発はダルビッシュにとって日米通算52打席目に生まれたキャリア初ホームラン。メジャー通算3安打目で、日本ハム時代の2008年以来となる通算2打点目も記録した。

 レンジャーズの公式ツイッターは「ダルビッシュがホームラン! これは打撃練習じゃないぜ」と速報すると、番記者たちも大興奮。地元紙「ダラス・モーニングニュース」のエバン・グラント記者は、ツイッターで次々と投稿を連発した。

衝撃のバックスクリーン弾に「信じられない。ユウ・ダルビッシュがホームラン」

「ただいまユウ・ダルビッシュがホームラン。レンジャーズの投手としてはボビー・ウィッツ以来」と速報すると、「信じられない。ユウ・ダルビッシュがホームラン。繰り返す、ダルビッシュがホームラン」と、ツイートからも十二分に伝わるほど、興奮を隠しきれない様子。さらに「打球は初速105マイル(約169キロ)で飛び出し、飛距離は410フィート(約125メートル)」とレポートし、記念すべき第1号はスラッガー顔負けの一発だったと伝えている。

 同じく地元紙「フォートワース・スターテレグラム」のジェフ・ウィルソン記者も「ユウ・ダルビッシュにとっても、安っぽいホームランではなかった。打球は404フィートと記されているセンター席へ一直線」と続いている。

 MLB公式ツイッターでは「ユウ・ダルビッシュが、このボールを完全粉砕した」と動画と合わせて紹介している。

 マウンド上では制球を乱し、5勝目には届かなかったが、最終的にチームは6-5で辛勝。ダルビッシュの一発は大きな意味を持った。現地を大興奮に包んだダルビッシュのキャリア初本塁打は、SNS上を衝撃ニュースとして駆け巡った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/25(木) 12:19

Full-Count