ここから本文です

ナポリは英雄マラドーナの言葉通りに動いた イグアイン後釜確保へまさかのストライカーにアプローチ

theWORLD(ザ・ワールド) 8/25(木) 18:40配信

マラドーナ氏の発言通りの動き

今夏絶対的エースだったFWゴンサロ・イグアインをユヴェントスに奪われてしまったナポリは、その後釜にインテルFWマウロ・イカルディらを狙ってきた。すでにポーランド代表のアルカディウシュ・ミリクは獲得しているものの、やはりそれだけでイグアインの穴は埋まったと考えてはいないようだ。

伊『sky Sport Italia』は、ナポリがトッテナムにFWハリー・ケイン獲得のためアプローチしたと報じた。ケインはトッテナムで大ブレイクを果たした選手で、今ではイングランド代表の顔ともいえる存在だ。当然トッテナムにオファーに耳を傾ける考えはなく、同メディアはこの話を忘れるべきと伝えている。

ケインといえば、以前ナポリの英雄ディエゴ・マラドーナ氏がイグアインの後釜にふさわしいと発言しており、どれだけ金額がかかろうとも迷わず動くと高く評価していた。今回はその通りの動きとなったが、トッテナムがケインを手放すのは考えにくい。

イグアイン売却のところまではマラドーナ氏の予想通りだったが、ケイン獲得までは当たらないのか。さすがに今回のアプローチは強引だったかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/25(木) 18:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]