ここから本文です

アーセナルの悲惨なDF事情に一言 バルサDFピケ「ヴェンゲルに質の高いDFを買うよう頼んでみるんだ!」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/25(木) 20:10配信

サポーターの気持ちを代弁したツイート

ペア・メルテザッカー、ガブリエウ・パウリスタとセンターバックに負傷者が続出しているアーセナルは、最終ラインに不安を抱えたままシーズンをスタートさせることになった。開幕戦からリヴァプールに4失点を喫したように、現在の守備陣は非常に不安定だ。

そんなアーセナルの現状に対し、かつて『Daily Mirror』で編集長を務めたこともあるジャーナリストのピアース・モーガン氏が世界を代表するセンターバックのバルセロナDFジェラール・ピケに助けを求めたようだ。

英『METRO』によると、モーガン氏はTwitterを通してピケにアーセナルへ来て悲惨な状態を助けてくれとお願いしたという。これについてピケは次のように返信している。

「ピアース、それはとても難しいよ。君の友人であるアーセンにクオリティの高いDFを買うよう頼んでみるんだ!」

指揮官アーセン・ヴェンゲルにとっては屈辱的な内容だが、こういった返信をするところが何ともピケらしい。今夏もアーセナルの補強は思うように進まず、DFから最前線まで苦戦が続いている。ピアース氏のみならずサポーターもヴェンゲルに誰か獲得してくれとお願いしたいはずだが、ピアース氏やサポーターの不満を解決する人材はやってくるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/25(木) 20:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報